『強制競売』のメリット・デメリット

最近は住宅ローンが払えず、債権者が強制競売を行う事例が増えている。

競売のデメリット

競売のデメリットは市場価格より2、3割安いことがほとんどなので、落札金額が債務額を下回ることが多い。公的な
競売であるから裁判所を通じ誰でも物件情報を見ることができるため、不動産業者が頻繁に訪れることもある。

競売のメリット

メリットとしては裁判所が売却の手続きをやってくれるので、殆ど何もしなくて良い。

入札する側のメリット・デメリット

入札する側としてのメリットは当然安いことだがリスクも存在する。建物内部は執行官が撮影した写真を見て判断する
ことになるが、現状渡しが原則なので落札後に発見された構造上の瑕疵等の修復費用は落札者が負担しなければならな
い。また落札後、元の所有者が居座り続けるケースもある。その場合、裁判所に引き渡し命令の申し立てを行い、執行
官による強制立ち退きも可能ではあるが、相応の費用がかかるし、立ち退き費用は原則立ち退く側の負担だが、話し合
いにより落札者が立ち退き費用を負担せざるを得ない場合もある。

株式会社ハウスナビへのお電話によるお問い合わせ 098-851-4477 定休日 土曜日/日曜日 受付時間 9 : 00-18 : 00 FAX : 098-851-4006お問い合わせフォームはコチラ