『競売』とは?

借金が返済出来なくなった際、裁判所が強制的に不動産などを売却する事

債務者が借入金(住宅ローン等)の返済が出来なくなった場合、債権者(銀行等)は、担保にとっている不動産を差し押さえ、裁判所に対して不動産競売の申し立てを行います。
その申し立てに従い裁判所が強制的に売却する物件を競売物件といい、入札制度により最高価格を申し出た者に売却するシステムを競売といいます。言わば、不良債権不動産のオークションです。

競売について

競売物件の入札基準となる価格は、裁判所に依頼された不動産鑑定士が決めます。これが売却基準価格です。この価格は競売という特殊性により、市場価格(相場)の50%~60%に設定されております。欠陥があるから安いという訳ではありません。何の手入れもせずに十分に住むことが出来る物件もたくさんあります。
 
ただし、落札代金全額を裁判所に納付するまでは物件内には入れません。その為、内部がどのような状態か、裁判所の添付資料で判断するほかはありません。又、物件の権利関係が複雑な場合も多く、それを事前に調査することは一般の方々には非常に難しい面があります。

さらには、物件を取得した後、前所有者が資金難で引越しできずに占有していたり、大幅リフォームが必要な場合も多々あります。そのうえ、競争入札なので、欲しい物件が必ずしも相場より安く落札出来るとは限らないことも念頭においたほうが良いでしょう。

株式会社ハウスナビへのお電話によるお問い合わせ 098-851-4477 定休日 土曜日/日曜日 受付時間 9 : 00-18 : 00 FAX : 098-851-4006お問い合わせフォームはコチラ