『任意売却』でよくある質問

1 : 住宅ローンを滞納するとどうなりますか?

1~2ケ月目ぐらいまでは、郵便物や電話などで督促がありますが、いきなり一括返済を迫るとか、滞納3ケ月未満では、まず競売にはかけられません。
ただ、深刻な事態です。是非、次の事を検討してください。
 
1)住宅ローンの支払方法(毎月とボーナスのバランスなど)の見直しをする。
2)弁護士に依頼し、個人再生法住宅ローン特則を利用し、返済額の減額を要請する。
3)支払いがやっぱり無理なら、任意売却で債務の整理をする。

   
通常、住宅ローンの返済を6ケ月間も滞納(住宅金融公庫の場合、一般銀行の場合は3ケ月で処理することも有り)すると“期限の利益の喪失(きげんのりえきのそうしつ)”となり、債権が保証会社に移行します。
1ヶ月でも、電話などがかかって来た際には、居留守などは使わず「誠意のある」対応をとってください。対応の際の具体的な話し方など、お気軽に相談センターにご相談ください。

2 : 任意売却とはなんですか?

金融機関などから強制されるのではなく、任意売却取扱い業者などの専門家や弁護士などが間に入って、債務者(あなた)の側が自由に担保不動産を売却するものです。

3 : 任意売却したら自己破産しないといけないの?

ひとつの方法として考えましょう。
任意売却をしても必ず自己破産しなければならないということではありません。
任意売却をして残った債務は、多くの場合債権者は、月々5,000円から30,000円位の分割払いに応じてくれますが、時に、厳しい債権者の場合、まとまった金額を要求し、交渉がまとまらないと給与を差押えることがあります。
その他、消費者金融等、複数の債務がある場合、自己破産という処理をした方が、新たなスタートに有利であるといえます。

4 : 競売も任意売却も、家を手放すなら同じなのでは?

違います。
任意売却は競売より高額にて処分できますので、債権者により多くの残債務を支払うことが可能です。
任意売却はあなたが売主で、競売は裁判所が売主ですから、任意売却で処分する方が引越しの時期や、費用等有利に進められます。

株式会社ハウスナビへのお電話によるお問い合わせ 098-851-4477 定休日 土曜日/日曜日 受付時間 9 : 00-18 : 00 FAX : 098-851-4006お問い合わせフォームはコチラ